2015/07/22

アナハイム旅行記 Vol.8 ~ サウンドセーショナル!最高のリズム&ビート!

最高のビートが始まる!
そう、僕がとても楽しみにしていたのは、ディズニーランド・パークで公演されているデイ・パレード、"Mickey's Soundsational Parade"です。
この旅行の目的の一つと言っても良いぐらい、渡米前からずっと楽しみにしていたのです。

というのは、これより先に共通の音楽を使用している香港の"Disney's Flights of Fantasy Parade"を見ていたことでマーク・ハモンド楽曲の良さにハマり、さらにこちらのパレードのテーマが「音楽」ともくればまぁ間違いなく大好きだろうということで。
パフォーマーも生演奏を楽しませてくれるとのことで、もう見る前からだいぶハイでした。(笑)




冒頭に掲載した写真はパレード開始10分前ぐらいのメインストリートUSAの様子なのですが、まぁご覧の通りパレード待ってる人ほっとんどいないんですわw
音楽鳴り始めてフロート出てきたらやっと立ち止まる人が増えたかな?ぐらい。こんな余裕なパレードルート、ここは本当にディズニーランドなのか・・・?

この日はパレードは2回公演、僕らが見たのは18時ごろの2回目公演でした。今はPaint The Nightがスタートしたので1日1公演になっているようですが、2014年当時は1回目と2回目でパレードスタート地点が異なっていました。
2回目はタウン・スクエアからパレードスタートです。少し陽が陰ってくる時間帯なのでちょっと写真撮るのが難しかったですね・・・。
今回このパレードは滞在中3回見たのですが、2日目に撮った写真のほうが見栄えが良かったので(笑)、この記事ではMIXして使っています。

Frozen Pre-parade









2014年はまだまだ映画"Frozen"がフィーバーしていた頃。映画公開から1年近く経ったアメリカでも、アナとエルサの人気は衰えていませんでした。
この年6月頃から、サウンドセーショナル・パレードの開始5分前から、アナとエルサによるプレ・パレードが実施されていました。東京でも似たようなの2015年初頭にやってましたね。
小さな子供さんたちが一生懸命アナとエルサの名前を呼んで手を振っていて、微笑ましかったです。
僕たちもパークでアナとエルサを実際に目にしたのは初めてだったので、気づいたら童心に返って名前呼んでましたw
このときに使用された曲はもちろん"Let It Go"でした。それもInstrumental音源を全くそのままw

Come on! Come on! the Soundsational!!





さてメインのパレードスタート!先頭は6人のエンターテイナーによるドラム・パフォーマンス!もうこれだけで鳥肌立つぐらい、ドラム捌きがカッコいいのなんのって!
そしてドラムを叩くのはドラム隊だけではなく、もちろんこの方も。




そう、ミッキーマウス。東京ディズニーシーでも迫力のドラム・プレイを見せてくれるミッキーですが、ここアナハイムでもキレッキレのドラム・セッションを楽しませてくれます。
パレードの最初のユニットはMickey Mouse Marchをフィーチャーしているのですが、僕はこんなにカッコいいこの曲のアレンジを今まで聴いたことがありませんでした。ドラムサウンドとMMMが本当にクールにマッチするんですよね。




そのすぐ後ろにはグーフィーが付いてきます。ちょっとこの写真だと分かりづらいですが、グーフィーの背後にあるミッキーシェイプの太鼓とシンバル、これ本当に叩けるガチ太鼓のようで、時折グーフィーがスティックを持って一生懸命叩いておりました。(笑)



よく見ると叩きすぎてるせいかドラム部分が結構ボロボロ。
グーフィーがミッキーの顔を叩いてると思うとジワる。




さて、続いて来るはジーニー率いるアラビアン・ダンサーとプリンス・アリ・アバブワ。
楽曲ももちろんPrince Ali。アラジンユニットでA Whole New World使わないってなかなか新鮮かも?アラジンも背後の銅鑼を力いっぱい叩いておりました。ちなみに銅鑼にはジーニーの顔が描いてあります。
何だか叩くたびにジーニーに恨み持ってるかのようにさえ見えます。

アブーのフロートを押してたパフォーマーの熱烈な投げチュー。





続いてはリトル・マーメイドのユニット。ダンサーのコスチュームがまさに海!
こちらもUnder The Seaでカリプソとサウンドセーショナルのテーマ曲を見事にMIXしていてとても良いアレンジになっています。ぜひ現地で聴いてみて!




続いての南米ユニットはもちろん三人の騎士!ホセ・カリオカとパンチート、そしてドナルドが登場。
個人的にドナルドをいわゆるBIGキャラクターと離して登場させてるパレードが好きなのです。
使用楽曲はもちろんThree CaballerosとSaludos Amigos。徒歩ダンサーもラテン舞踊の振り付けで盛り上げてくれて、とても好みでした。







そしてパレードの一つの見せ場であろう、プリンセスのユニット!
高い塔が印象的なフロートにはラプンツェル、シンデレラ、オーロラ、ベル、白雪姫が乗っています。
このパレードの楽曲は全編を通してドラムサウンドが効いた元気の良い雰囲気なんですが、このユニットではプリンセスたちの優雅さをパレードの雰囲気を壊さずに見事に表現していると思います。
東京ディズニーランドのハピネス・イズ・ヒアのプリンセスユニットも似た雰囲気がありますが、こちらのほうが多くのプリンセスが出演しているので、音楽もその分多数使われています。
このユニットの聴き所はやはり、"I See The Light"ですかね!




雰囲気は一転、こちらはジャングルユニット。
動物たちがフィーチャーされたユニットで、シンバやキング・ルイが登場します。
ここのユニットでも、このパレードのテーマである「音楽」を感じることが出来ます。パフォーマーが太鼓(ジャンベかな?)を持っており、ゲストの近くまで来て一緒に叩いて演奏してくれるんですね。
最初のドラムユニットとは違う音色を目の前で楽しむことが出来るし、ゲストにとても近い上、カメラを向けるとみんな良い顔してくれます。(笑)


はい、そして来ました個人的にこのパレードの超見どころだと思ってるユニット!
そう、プリンセスと魔法のキスのユニット!!音楽・コスチューム・ダンス、全てが至高!!
使用楽曲は"Gonna Take You There"と"Dig A Little Deeper"。ママ・オーディではなく、ティアナが歌っていました。
アメリカではティアナはとっても人気みたいです。




今までのパレードのフロート写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、このパレードはフロートに「楽器」がデザインされています。アラジンやドナルド、シンバが乗っている小さなフロートも太鼓のデザインだったことが分かると思います。
その中でもこのプリキスユニットはとてもユニークかつ多くの楽器がデザインされています。
レイの先導する、ティアナが乗ったボートの後ろ両脇にはトロンボーンが見えると思います。
この映画のラッパといえばルイスのトランペットも出てきますね。パレードに登場するルイスもちゃんとトランペットを持っていました。
そして後方の船の煙突部分、この写真では分かりづらいですが、クラリネットになっています。
ニューオーリンズのディキシーランド・ジャズに使われる楽器を多用しているユニットで、とにかく凝ってました。
僕もこのユニットが大好きなので、思わず歌って叫んでしまいました\(^o^)/


ティアナが過ぎ去ると今度はピーター・パンがやってきます。
このピーター、かなりイタズラ好きなようで、前を行くティアナたちを目で追っていると気がつかないうちに背後に回られて脅かしてきます・・・。やんちゃすぎる・・・。
パレード中なのに本当に動きが自由なので決めポーズの瞬間ぐらいしか定位置にいませんでしたww


もちろんその後ろにはティンカー・ベルも。動きが本当にティンクそのもの!
持っているワンドでパレードルートに魔法をかけているかのようにコミカルなアクションを見せてくれます。とても可愛らしい!


そしてパレードの最後を飾るのはメリー・ポピンズのユニット!
とにかくたくさんの煙突掃除屋ダンサーが登場します。



東京のパークが好きな方は見覚えのある光景ですね。そう、東京ディズニーランドのハピネス・イズ・ヒアはおそらくこのパレードのこのユニットをトレースしたものだと思われます。
同じく東京のパレードの最後はメリー・ポピンズですし、煙突掃除屋もたくさん出てきますよね。
サウンドセーショナル・パレードとハピネス・イズ・ヒアは、どちらもマーク・ハモンド氏が楽曲を担当していますが、ショーのディレクターもおそらく共通なのでしょう。
東京はイイトコ持って来たなぁ~という印象です。


最後の大きなフロートに乗っているのも全員煙突掃除屋です。
キャラクターじゃなくて煙突掃除屋専用のフロートって思うと凄い。(笑)


・・・と、結局パレードの写真を羅列する長ったらしい記事になってしまいましたが、とにかくこのパレード、とっても楽しいんです。
目の前で繰り広げられるライブ感、身体で感じるリズムと、それに上手く融合する音楽。
フロートも東京のパレードに比べたらかなりシンプルですし、停止はない通過型ではありますが、所要時間20分間でこんなに楽しめるパレードは久しぶりでした。
僕は東京のハピネス・イズ・ヒアも好きなんですが、生演奏の要素ないですしね・・・。

2011年スタートで、ディズニーランド60周年を迎えても幸いリプレイスされることなく公演は続けられていますので、アナハイムに遊びに行った際はぜひ一度は体験してみてください。
夜のパレードだけしか見ないのはもったいないですよ\(^o^)/


続く・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿